【最大40%OFF】Kindle本 年末年始セール開催中|2020年に向けて読書をしよう!オススメ本7選【Amazon】

皆さんは、年末年始いかがお過ごしでしょうか?

2019年も仕事納め、実家に帰ったり、旅行に行ったり、自宅でゆっくりするなど人それぞれの過ごし方があります。

息抜きをしてリフレッシュすることも大切ですが、お仕事をされているビジネスマンにとって年末年始はゆっくりと自分と向き合える貴重な時間だと思います。

普段、時間がないからこそこの機会にスキルを磨いたり、読書をしたり、2020年に向けて時間を有効活用していきたいところ。

今回は読書をしようと考えられている方に向けて、12月26日からスタートしているKindle本年末年始セールについてまとめてみました!

【最大40%】 Kindle本 年末年始セール 内容

AmazonにてKindle本が期間限定で年末年始セールを行なっています。

期間は2019年12月26日〜2020年1月9日までとなっており、対象商品は4万冊以上、最大40%OFFととてもお得な大規模セールです!

※セール終了期間:2020年1月9日23時59分まで

セールでお得に購入可能なオススメ本 7選

今回のセールで対象となっているKindle本のなかで、オススメの本を7冊選んでみました!

選書の参考にしていただければ幸いです。

「自分で選ぶからいいよ〜」という方は下記から対象作品が確認できます。

1.HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか|ベン ホロウィッツ

 

著者のベン・ホロウィッツは、シリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)を共同創業した連続起業家です。

本書では、著者が起業家時代に経験した数々の困難を経験して、学んだことが包み隠さず書かれています。

社員を正しく解雇する方法など一見、自分には関係がないと思える内容も多く記載されていますが、起業家・社長の思考や目線を知ることができ、世の中にはHARDな事象と向き合っている人がいるのかと自分の状況を楽観的に捉えることができるようになります。

2.なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?|フィリップ デルヴス ブロートン

営業マン向けの1冊です!

営業力=人間力であり、「営業力」はビジネスのみならず、「生きてゆく上で必要なスキル」であるという大枠の考えをもとに世界中のトップセールスパーソンの成功事例をストーリ形式で紹介しています。

3.ビジョナリーカンパニー|ジム・コリンズ

全世界で350万部という大ヒット作品「ビジョナリーカンパニー」は、20年以上読み継がれる名著の1つです。

シリーズが1〜4まであり、読み応えがある本ですが仕事に打ち込んでいる社会人、特に経営者の方は必ずと言っていいほど読んでいる本です。

本書ではビジョナリーカンパニー(永続し続ける偉大な企業)が共通して持つ、基本理念(いわゆるVIsion)が大切な理由が記載されています。

経営者向けですが、組織を作る上で参考になる部分が多く、チームマネジメントに携わる方にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

4.未来に先回りする思考法|佐藤 航陽

著者の佐藤 航陽さんは、メタップスというビッグデータやFintechなどの領域で事業を行うIT企業の創業者です。

変化の激しい時代において、未来を先読みするための思考法について書かれており、未来が見える人と見えない人の差は事象を点で捉えているか、それとも点と点を繋げて線で捉えているかだと述べています。

検索エンジンの会社であるGoogleがなぜ、自動運転に乗り出したのかなど、面白い話がたくさんあり、世の中で起きている出来事の捉え方・考え方をアップデートしてくれる一冊です。

5.リーンスタートアップ|エリック・リース

起業を志す方や複業をされている方向けの一冊。

多くの人が市場・顧客が求めていない製品やサービスに時間と労力をかけて失敗してしまっているという著者が起業をする中で経験した失敗などから、ムダを省き、より早くより顧客に求められるサービスを作り出す方法を述べています。

正直、めちゃくちゃ長いですが事業だけでなく新しいことに挑戦するときに抑えておいて欲しい考え方です。

6.MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣|シバタ ナオキ

著者はシリコンバレーの起業家であり、noteにまとめていたテック企業を決算書をもとに解説するという記事が話題になり出版が決まった1冊です。

もともと楽天の最年少執行役員だった著者が決算書をもとにビジネスを分析して、日常業務・事業戦略に活かせるのではと考えたことが始まりだったとか。

事業モデルごとの決算書の読む上でおさえるポイントなどわかりやすく記載されています。

20代で決算書を読み込める人は少ないので、若い方には特に読んでほしい内容です。

7.Excel VBAの教科書|古川 順平

最後7冊目はこちらの「Excel VBAの教科書」です。

今まで紹介した書籍とは違いますが、普段エクセルを業務でよく使う方や日常業務を効率化したい人には本書がオススメです。

一冊で十分と言える内容で本当にわかりやすく書かれています。

こういう本は読むだけでは実践で使えるようにならないので、年末の時間があるタイミングで読み込み、習得してみてはいかがでしょう。

まとめ 〜Kindle年末年始大セールを上手く活用しよう!〜

いかがでしたか?

今回、ご紹介した7冊以外にも対象作品は4万点あります。

ぜ自由に使える時間が多い、年末年始を上手く活用して、ぜひこの機会に周りと差をつけましょう!