【令和2年】2020年の元旦新聞広告まとめ|新しい時代の風を感じよう|Twitter・口コミまとめ

あけましておめでとうございます!

一年はあっという間に過ぎ、2020年がスタートしました。

多くの人が休む中で、なぜかTwitterの皆さんは元旦から仕事をしていたり、有益なツイートを量産していたりと本当に凄いなぁとただただ思うばかりです。

今回はTwitter上で元旦の各社新聞広告が話題になっていたので、少しまとめてみました。

2020年元旦の新聞広告まとめ

Netflix

まずは、NETFLIXの広告です。

新聞のテレビ番組表の真ん中が破けているというインパクトある広告です。(しかも本物の番組表のすぐ横に出稿)

番組覧や真ん中の破けている部分もしっかり宣伝文が書かれており、大胆さだけでなく作り込まれた作品となっています。

西武・SOGO

続いては、西武・SOGOの広告です。

まずは上から読んでみてください。

 

「大逆転は起こりうる。私は、その言葉を信じない」

否定的な内容なのかなと思いきや、下から読み直すと逆の意味になるようになっています。

土俵際の絶体絶命でも、大逆転は起こりうる。

集英社

毎年、元旦の広告には力を入れている集英社はアンビグラムと呼ばれる逆さ文字を利用した内容です。

画像のように「可能性」をひっくり返すと「無限大」となります。

少年漫画ジャンプを発行している集英社らしい、メッセージですね!

大日本印刷

大日本印刷の広告は、今は当たり前となっているクラウチングスタートの起源から、イノベーションとは現在の非常識から生まれるという内容。

陸上と掛け合わせて、オリンピックスポンサーであることと、「未来のあたりまえ」を作るためにイノベーションを目指し、挑戦するという企業メッセージを上手く伝えています。

立命館大学

立命館大学の広告は、尖った内容でした。

「立命館から、アメリカ大統領を。」

積極的に留学生を受け入れていて、130の国から学生が集まっている立命館アジア太平洋大学では学生の半分が外国籍とグローバル化に力を入れている立命館ならではの広告です。

光文社

光文社の広告は、インターネットが発達して簡単に情報が手に入る時代でネットと比較した際の雑誌の優位性を「雑誌には、削除キーがありません。」というシンプルな一文で表現しています。

トヨタイムズ

トヨタがどこへ向かうのか?

コネクティッドシティ「街づくり」という壮大なビジョンについて、未来を語る内容です。

しっかりWEBへの導線も用意していますね!

こちらからインタビュー動画が見れるのでぜひ確認してみてください。

2020年元旦新聞広告 Twitter・口コミ

https://twitter.com/simakoo1/status/1212723874975977474?s=20

Netflixの元旦広告のマーケティング効果を分析・考察されていた方もいました!

こちらのnoteは必見です!

 

2020年元旦新聞広告 まとめ

なぜ、今回まとめ記事を作成しようと思ったのか。

普段、新聞なんて読まないし広告もほとんど見ない。

たまたま実家に帰省していたから新聞に目を通した時に、

「あぁ、こういう仕事いいなー」って心が動かされたからです。

Twitterでも多くの人が元旦広告を話題にしていましたね!

 

売上を作るために出す広告が多いなかで、

企業が一番力を言われている元旦広告は特別な広告と言われています。

 

普段は言わないような大きなことを将来のビジョンを打ち出す内容に、

何か感じるものがあるからではないでしょうか?

 

2020年もいい仕事をしていきたいですね!

本年もよろしくお願い致します。