石の上にも3年は無視すべき|我慢している20代に伝えたいメッセージ

ボルト

入社してまだ1年経っていないし… もう少し我慢しよう

どうも、ボルトです!

僕は、よく先輩社員が若手に言う「石の上にも3年」は無視すべきだと思っています。

今回はその理由を説明していきたいと思います。

ちなみに僕自身も現在、都内のベンチャー企業に新卒で入社して2年目なので該当者に当たります。

石の上にも三年を無視すべき3つの理由

再度にはなりますが、僕は「石の上にも三年」なんて信じてはいけない。

クソ喰らえだ。と思っています。

少し過激な表現にはなりましたが、心の底から思っていてその理由は以下の3つです。

  1. 相性が悪いなら続けても無駄
  2. 三年で一人前とか時間かかりすぎ
  3. 時代の変化についていけない

理由1 相性が悪いなら続けても無駄

まず、1つ目の理由は相性の問題があること。

確かに一つのことを長く続けていくとどんな人でも成長はしていくと思います。

ただ、人には好き嫌いや得意・不得意があります。

不得意なこと、つまり苦手なことを頑張って続けていても効率が悪いです。

他の人との差もどんどん開いていきます。

 

また嫌いなことを続けるのは、苦痛でしかなく生きているのがしんどくなります。

苦手なことや嫌いなことをやる場合、モチベーションも低くなりがちです。

そうなると生産性も低くなり投下した時間に対して、十分なリターンを得られません。

 

好きでもない人と惰性で付き合っているようなものなので時間の無駄です。

自分の得意なこと・好きなことができる業界・業種で働いたほうがいいですよね。

理由2 三年で一人前とか時間かかりすぎ

2つ目の理由は、三年経たないと一人前の仕事ができないというのは時間がかかりすぎだということです。

そもそも仕事の成果を時間で区切ること自体、あまり意味がなく転職市場でも「何年やってきたか」ではなく「何をやってきたか」「何ができるか」という部分が問われるはずです。

僕は半年ごとにジョブチェンジを繰り返し、部署を変えてきましたが大体1〜2ヶ月あれば数年やっている人と同水準くらいの成果を出すことは可能できました。

本当に3年経験が必要な業務だとしても、2倍努力して1年5ヶ月で習得すればいいと思います。

理由3 時代の変化についていけない

最後の理由は、時代の変化についていけないこと。

三年にこだわってしまうと取り残されてしまう可能性があるということです。

現代社会では、インターネットやテクノロジーが発達しており、時代の変化が速いと言われています。

今まではITと関わりが薄かった業界でもITが入り込んできており、〇〇×テックという形でどんどん変化しています。

 

高度成長期で毎年売り上げが伸び、終身雇用で安定した生活が約束されていた世代とは違います。

現在の20代は自分たちの力で安定を勝ち取らなければならない時代です。

どの業界がいいか、どういうスキルが必要かを見極めながら、ジョブホッピングしながら経験を積んでいく必要があるのではないでしょうか?

但し、例外がある

ここまで「石の上にも三年」を無視すべき理由を述べてきましたが例外もあると思っています。

僕はインターンを含めると3社経験していますがベンチャーのみの経験で大企業など規模感の大きいビジネスは経験したことがありません。(今の部署が月商5億規模)

例外2つに関しては、友人の話などをもとにした想像です。

例外1 大手企業で勤務している場合

大手企業の場合、業務の全体を任せてもらえず、一部のみを担当することもあると思います。

その場合はいくら頑張っても全体の一部の経験なので、他の環境で活かすことができません。

最速で成果を出し続けても3年かかる可能性が高いと思います。

ボルト

そもそも研修が半年とか一年あるところも多いからね〜

例外2 専門知識を極めたい場合

よくプロフェッショナルになるには、1万時間が必要となる(1万時間の法則)と言われますが、本当に1つの領域を極めるのには時間が必要だと思います。

ちょうど3年間、1日10時間投下するとだいたい1万時間になります。

専門知識が通常より必要とされる業務や自身が好きな仕事、極めていきたいと思っている仕事の場合は腰を据えて3年以上の期間を使い、経験値を貯めていくのがいいのではないかと思います。

まとめ

「石の上にも三年」というのを無視していい理由がお分りいただけましたか?

キャリアにおいて、「年数」で判断するのは意味がありません。

何を経験したか・何ができるのかが重要だと思います。

もし、今の職場に働く意味を見出せない場合やしんどくなっている場合はご自身の中でゴールを設定して、達成したら転職してみるのもいいのではないでしょうか?