【就活生必見】就活体験記やエントリーシートがお金に変わる!?Cashu(キャッシュー)とは

どうも、ボルトです。

僕が今住んでいる家の近くには、某大手企業があり、最近リクルートスーツに身をつつんだ20卒の学生がたくさん歩いています。(100名近い黒いスーツの学生が歩いている姿は、異様としかいいようがない…)

僕はその光景を見ながら、自分も就活やってたなーと懐かしい気持ちになりながら思い出に浸っていたわけですが、本日は就活生向けの面白いサービスを見つけたのでご紹介します。

ES(エントリーシート)や就活体験がお金に変わるCashu(キャッシュー)とは

2019年4月1日に開始した「Cashu(キャッシュー)」というこちらのサービスは、就職活動での体験やエントリーシートを現金で買い取りますよというサービスです。

今までにもエントリーシートを投稿すれば、Amazonギフト券がもらえるみたいな就活サイトはありましたが、現金でもらえるというのは良いですね!

僕も地方出身でベンチャー企業に絞って選考を受けていたため、東京にある企業ばかりで交通費・宿泊費に苦しめられた苦い記憶があります。就活の時にお金が必要なことは間違いないですし、Cashu(キャッシュー)のようなサービスは有難いですね!(就活していた時に欲しかった…)

お金が就職活動の障壁にならない世の中を

Cashu(キャッシュー)は、経済状況によって就職活動の結果が左右される状況をなくしたいという思いから作られたそうです。

  • お金がないから頻繁には上京できない
  • 就活資金のために日雇いバイトをする
  • バイトする必要があるので就活に100%打ち込めない

 

就職活動をしていた当時も僕の周りには、上記のようなことに悩んでいる学生はたくさんいました。僕自身も日雇いバイトではないものの就活期間中も仕事はしていたので選考が続くときは大変でした。

就活だけではないですが、今まで経済格差によってチャンスを掴みにくかった人たちが自分たちで切り開いていけるサービスがどんどんできていますね!

エントリーシート・選考体験記・単位取得科目の3つが買い取り対象

 

サービスのページをみると現在の買い取り対象は以下の3つのようです。

  • エントリーシート
  • 就活体験記
  • 取得単位科目

取得した単位科目も買い取り対象というのは面白いですね。

今後はそのほかにも、グループディスカッションやインターン体験記、入社後の印象、さらには人事の印象まで買い取り対象になる予定のようです。

エントリーシートなどは一律数百円をベースに内容によって変動するとのことですが、今後買い取り対象になる項目も含めると数社選考に進む学生でも就活情報を売ると結構な額になりそうです、

登録するには大学のメールアドレスが必要

サービスどんな感じなのかなと使ってみようと思ったのですが、登録には大学のメールアドレスが必要みたいです。卒業してしまった僕は内容を見ることができませんでした。

 

PRで出ていた画像を見る限り、買い取り画面はレシートなどの買い取りアプリ「ONE(ワン)」のような査定結果画面でした。使いやすそうなインターフェースで今風のアプリって感じです。※画像はONEの査定結果画面

まとめ

20卒の皆さん、これから何かとお金が必要になる場面が増えてくると思います。

今までは価値が見いだせず無駄になっていた就活情報がお金にかわり、これからの就職活動の資金になるCashu(キャッシュー)を活用してみてはいかがでしょうか?

 

ただし、実際に僕は利用していないので自分の目でしっかりと確かめてくださいね!利用してみた感想などをいただけると嬉しいです!

Cashuをみてみる